マタニティーフォトとニューボーンフォト

最近はマタニティーフォトだけではなく、ニューボーンフォトも撮りたいと思う方が増えています。ニューボーンフォトというのは、生まれてから3週間以内の新生児を撮影することで、日本では新生児フォトと呼ぶことが多いです。妊娠中でお腹が大きくなった状態の母親をメインにして撮影するマタニティーフォトと、生まれたばかりの新生児を撮影するニューボーンフォトを見比べたいと希望する人はたくさんいます。もちろん自宅で撮影しても問題ありませんし、自分の好きな景色のある場所へ出向いて撮影しても良いでしょう。しかし、しっかりとした撮影機材が整っているスタジオで撮影をすると、クオリティーの高い状態でしっかりと思い出を形にすることができます。

マタニティーフォトは妊婦さんが主役なので衣装の選択はとても重要になりますが、ニューボーンフォトの場合には、生まれたばかりの赤ちゃんが主役になるので、赤ちゃんの衣装もきちんと決める必要があります。母親と赤ちゃんだけを写す方法が一般的であるものの、父親も一緒に写したいと希望する場合には、家族全員で写っても全く問題はありません。

重要なのはしっかりと思い出に残しておくことです。だからこそ失敗を避けるために、スタジオでプロのカメラマンに撮影してもらいたいと希望する人が増えています。